よっすー。

まだ見ていない人は前回、前々回をチェックよろしく。

今回は実際に自分が買ったものを紹介します。

MATCHESFASHION.COM - JP

ヴィンテージ!?バブアーローデンジャケット

 

前々回、あれだけローデンコートのディティールの話をしたが、実際買ったのはこれである。

画像1

わかる人にはわかると思うが、これはBarbourだ。
Barbour LODEN JACKETである。

画像3

3クラウンなので、1987〜1990年代末期のものだと推測できる。
ほかのタグを見ても年代を特定できるものが見つからなかったため、今度Barbourの店舗に行ったら聞いてみようと思う。

少なく見積もっても20年以上経過しているもので、もう15年くらいすればビンテージになるのではないだろうか。

画像5

インバーテッドプリーツは無いし、肩もラグラン。
もはやこれはローデンコートではない。

画像6

裏地はチェック。ちらっと見えたとき可愛い。
バスケットボタンは多分革だと思うんだけど…定かではないですな。

画像6

チャックは現行Barbourと同じように、リング状になっている。
実際の色味はこの画像が一番近い。照明によって色が全然違って見える。

画像7

それにしても状態が良い。生地もしっかり詰まってる。
虫食いゼロ。しっかりと手入れをすればあと20年は持つ。

ローデンとは言っているものの、ファブリックはウール100で、ローデンクロスを用いているわけではない。

ローデングリーンぽいから名付けたのだろうか。

画像7

襟と比翼の内側がブラウンのコーデュロイ。
ちょうどいい可愛さ。

ボタン締めて襟を寝かせると、ボタン締めずに襟立てている1枚目ではかなり印象が違う。前者はボタンの存在感とコーデュロイが強く出て、可愛めな印象。後者はかなりすっきりしている。

欲を言えばチンストラップがついていればよかったなー。

身幅広め、丈は90くらいかな。太ももの半分くらいの長さ。

 

あえてバブアーを選んだ理由

 

あんだけ、クラシックなローデンコートをお勧めしておきながら、なぜBarbour Loden jacketにしたのか。

理由は、この機会を逃したらいつ手に入るかわからなかったから。
これは実はメルカリで売っていたもので、確か5万くらいで購入した。

ローデンコートの新品は、Schneiders 公式オンラインストアで購入することができるので、実際いつでも買える。

ビンテージのものだって、調べた限りではまだまだありそう。
そもそもヨーロッパでは、ローデンコートはベーシックアイテム。だから今ビンテージを買わなくても、途切れず在庫は補充されることが予想される。

だけど、これは少なくとも20年前くらいに作られてそれっきり。
なんというか人知れず作られて、人知れず無くなった感…めっちゃ可愛い。

もちろん買う前に色々リサーチしたけど、このローデンジャケットについて全く情報が見つからなかった。それってなんか良くない??
俺だけがこの子の良さを分かってるんだよ感。

あと見た目がすごい好みだった。
ちょうどBarbourも好きだし、ローデンコートも欲しかったからめっちゃしっくり来た。見た瞬間に買うと決めたからね。

実際届いたらサイズもぴったり。
まさに俺を待っていたんだなと、運命を感じた。

状態もめちゃくちゃ良い。
ブラシ掛けたらまるで新品になった。

 

着用画像

現代化したカントリー風

やっぱりローデン風なので、チロリアンニットと合わせたくなる。

画像8

中にチロリアンニットを着て、タックの入ったパンツを履きます。

すごいオジっぽいけど、このパンツクロップド丈なので、足元はすっきりして現代っぽくなります。足元はブラウンのスエードのブーツとかがいいかな。持ってないけど。

ちょっとパキッとモードに

画像9

コテコテのビンテージおじさんぽく着るのもいいけど、今っぽく、言うなればモードぽく着たくもある。

中には面白いパターンのタートル、ナイロン素材のライトアウター、パンツはプリーツ、もしくはきれいなスラックス。あと足袋。

画像では襟寝かせてるけど、立ててすっきりと着るイメージ。
ライトアウターはユニクロのダウンベストを着るのもアリ。

ファイル_000

Fashion Press様の詳細はこちら

まじで、どこのブランドかは忘れたけど、こんな感じで着たい。
やっぱウールとかの自然素材で暗い色味のコートは重いから、化繊と混ぜて軽い印象を出すとちょいおしゃれぽい気がする。

barbourとか、レザージャケットとかの主張の強いアイテムは、それに引っ張られてコーデを組みがちになると思う。

Barbourだったらタイドアップしてジャケット着たりとか、レザージャケットだったら、ブラックデニムとか。

もちろんそういうのも楽しみの一つだけど、コスプレにならないように気を付けないといけないし、主張の強いアイテムを逆に、全く違うテイストで着てみたりするのもファッションの楽しみの一つではないかなと思う。

 

最後にまとめ

 

結局ローデンコートはまたの機会に買うことにした。
その時はSchneidersのオンラインストアで買うかも。

迷っている方はそういう買い方もありかなと思う。

あとBarbour詳しい人いたらこの子に関して教えてください。

 

キヒロ

キヒロ

靴とパンツが好き。COSで服を買いまくるCOS野郎。

3 Comments

Leave a Reply